身体に悪影響を与えることがある

性格に悪影響を与える

普段は大人しい人でも、お酒を飲むと狂暴になることがあります。
お酒は性格に影響を与えることが多いので、自分がお酒を飲むとどうなるのか知ってください。
酔ってお客さんに暴言を吐くなど、トラブルを起こさないでください。
すぐにトラブルを起こす人がいると、お店の評判が悪くなります。
お店に迷惑を掛けないよう、自分がお酒に対して強いのか弱いのかハッキリさせましょう。

弱いことがわかったら、無理に飲まずソフトドリンクで対応してください。
それは、悪いことではありません。
自分の耐性を知って、風俗店で働くことがポイントです。
それなら働いている時に、トラブルが起こることはないでしょう。
すぐに酔う人は、特に気をつけてください。

身体に与える影響とは

性格だけではありません。
お酒は、身体の内臓を壊す危険性を持っています。
飲み過ぎると病気を発症するかもしれないので、量を考えてください。
お酒は、肝臓で解毒します。
肝臓機能が発達している人は、たくさん飲んでも大丈夫です。
ですが中には、肝臓機能が生まれつき弱い人が見られます。

すると大量に摂取すると解毒できなくなったり、解毒するのに時間が掛かって、他の機能が疎かになります。
病気が悪化すると、死に至るかもしれません。
お酒に弱い人は、肝臓機能も低下している傾向が見られるので十分注意してください。
健康のためにも、無理にお酒を飲まないで働きましょう。
病気になったら、これまで稼いできたお金もなくなってしまいます。