お酒が強くなくても風俗で働けるのか

無理にお酒を飲まなくても良い

ソフトドリンクを選択しよう

風俗店ではお客さんに、アルコールを提供します。
こちらも一緒に飲むことが多いですが、飲めない人は無理をしないでください。
お茶やジュースなどのソフトドリンクもあるので、それを飲みながら接客をしてください。
しかし、女性がお酒を飲めないと男性も遠慮してしまうかもしれません。
それでは楽しく飲めないので、1杯だけでも飲めるなら飲んだ方が良いでしょう。
1杯お酒を飲んだら、後はソフトドリンクで対応してください。

お酒に対する耐性は、人によって異なります。
たくさん飲んでも何も起こらない人もいれば、少し飲んだだけで異常が起こってしまう人が見られます。
お酒を飲むと性格が豹変して、乱暴になる人もいます。
風俗店で働いている時にそのようなことが起こったら、お客さんに迷惑を掛けます。
また精神ではなく、肉体に異変を起こすこともあるので注意してください。
お酒が病気の原因になることも多いので、苦手なら無理に飲まないでください。
最悪の場合はお酒が原因で、死に至ります。

昼間に経営している、キャバクラも存在します。
そこではお客さんにもソフトドリンクを提供することが多いので、働いている女性側もソフトドリンクを飲みます。
全くお酒を飲めない人でも、安心して働けますね。
どうしてもお酒を飲むことに抵抗を感じているなら、昼間に経営しているキャバクラを探してください。
経営時間が異なってもキャバクラなので、他の飲食店よりは高い給料を得られます。